兵庫ヤクルト販売がみなさまにお役立ち情報をお届けします。

健康情報

 

こんにちは!

 

今日は、クイズを出題します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★問題☆

ヤクルトレディによるお届けがスタートしたのはいつでしょう。

 

①昭和10年(1935年)

②昭和38年(1963年)

③昭和53年(1978年)

④昭和元年(1989年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは・・・

②昭和38年(1963年)

です。

 

 

 

昭和38年(1963年)にヤクルトレディによる

お届けが始まりました。

 

それから54年、今日もヤクルトレディは、

世界各地で地域のみなさまに笑顔と健康を

お届けしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに・・・

 

お客さまからご家族の健康上のお悩み相談を受けたりするのは、

男性よりも女性のほうが向いていることから、

ヤクルト独自の販売制度(ヤクルトレディ組織)がスタートしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時は、主婦が働くこと自体が珍しかった時代。

ヤクルトレディは、

女性の社会進出の先駆けとなりました(⋆^_^⋆)

 

 

 

 

こんにちは!

 秋が近づき、涼しい日が続いていますね。

 

 

 

 

 

 

さて、 兵庫ヤクルトの本社では、9月11日(月)に

愛の献血運動が実施されました。

 

 

 

 

 

 

 

今回、参加してくれたのは47名。

 

 

 

 

 

 

 

地域の方々も足をお運びいただき、

献血にご協力いただきました(^о^)

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

献血の前は、レモリアの飲んでリラックス。

献血前後には水分補給が大切だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

これからも多くの輸血を必要とされている方々の

お役に立てるよう、この活動を続けていきます。

 

どうぞ宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!

 

まだまだ暑い日が続きますが、

朝晩の冷え込みがでてきて、

少し秋の気配を感じますね(^^)/

 

この時期になると、ぶどう狩りに行かれる方も

多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

今回は、今おいしい季節を迎えている

ぶどうについてのお話です♪

 

 

 

注目成分

~ポリフェノール~

 

ポリフェノールは植物に含まれる

色素やアク、渋味、苦味成分です。

 

ぶどうの果皮にはポリフェノールを多種類含み、

赤や紫、青色を呈する水溶性の色素成分である

アントシアニンも含まれています。

 

アントシアニンには視神経の働きを活性化し、

視力を守る働きも期待できます。

 

アントシアニンをはじめとするポリフェノールには

強い抗酸化作用があり、動脈硬化や脳卒中など

循環器系疾患の予防に役立ちます。

 

ポリフェノールを多く含むので、

ぜひぶどうは皮も一緒に食べましょう

 

 

 

 

また干しぶどうは鉄分が豊富です!

ただし当分も多く含まれるので、

食べ過ぎに注意しましょう。

 

 

 

 

暑さが増し、いよいよ夏本番を迎えます!

暑い日が続くと、疲れがとれない、食欲がわかない、

何となく身体の不調を感じる……いわゆる「夏バテ」を起こしやすくなります。

夏バテ予防のポイントを踏まえ、今年の夏も元気に乗り切りましょう。

 

【夏バテを防ぐポイント】

 

① こまめに水分補給をする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私達の体の6割は水分です。

汗で失われる水分が増えるこの時期は熱中症予防のためにも、

水やお茶をこまめに飲みましょう。

ただし、糖質の多い清涼飲料水の飲み過ぎは糖質の分解にビタミンB1

多量に消費するため、疲労感を招きやすくなります。

また、アルコールは利尿作用があり、水分補給にはならないので

注意しましょう。起床時や入浴後、スポーツ時は特に水分補給を心がけましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

② 体の冷やし過ぎに注意

 

冷たい物のとり過ぎは胃腸に負担をかけやすく、体の冷やし過ぎは

自律神経の乱れを招きます。空調の効いた場所で寒さを感じたら

衣類やひざかけ等で調節しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕方以降の涼しい時間帯に行うウォーキングなどの軽い運動は、

自律神経の働きを整えるうえで有効です。

 

 

 

 

 

③ 睡眠をしっかりとる

 

疲労の回復や身体の不調の改善に睡眠は欠かせません。

室内での熱中症予防のためにも、寝室の空調や気候に合わせた寝具を使い、

快適な睡眠環境を整えましょう。

室温調整のエアコンは就寝時間、起床時間に合わせてタイマー設定を活用し、

冷え過ぎないよう気をつけましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

④ 食事の栄養バランスを心がける

 

汗で失われるミネラルや疲労回復に必要なビタミンを補給するには、

っぷりの栄養が必要です。

食欲がなく、簡単に済ませがちですが、いつも以上にしっかりとした

食事内容を意識しましょう。

今が旬の夏野菜は水分が多く、ほてった身体を冷やす働きがありおススメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏バテしにくい身体作りは、日頃の生活習慣を整えることから始まります。

暑さに負けず元気に過ごせるよう、この機に見直してみてみましょう。

 

 

 

 

こんにちは!

今日はクイズを出題します。

 

☆問題★

何色のうんちが「いいうんち」でしょう。

 

 

①赤っぽいうんち

②黄色っぽい茶色いうんち

③黒っぽい茶色いうんち

④白っぽいうんち

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは・・・

②黄色っぽい茶色いうんち

です。

 

 

 

腸内が良い菌でいっぱいだと、

黄色っぽい茶色いうんちが出ます。

 

 

 

うんちの色を決めるのは「胆汁」に含まれる

「ビリルビン」という物質です。

ビリルビンは、酸度によって色が変わります。

 

良い菌が多いとおなかの中は酸性で

黄色っぽい色をしています。

逆に悪い菌が多いと、

おなかの中はアルカリ性で色は黒っぽくなります。

 

ちなみにうんちは腸からの大切な「お便り」です。

いいうんちが出るときは、

自分の体、腸が健やかな状態だと判断できます。

 

今日から自分のうんちを

チャックしてみましょう(^▽^)