兵庫ヤクルト販売がみなさまにお役立ち情報をお届けします。

健康情報

 

こんにちは!

 

1月9日(火)、

神戸市垂水区にある塩屋児童館さまで、

学童のみなさまに向けておなか元気教室を行いました。

 

 

おなか元気教室では、

子ども達のすこやかな成長を願い、

おなかの健康づくりやうんちチェックの大切さを

お伝えする機会として実施しています。

 

今回、「おなか博士になろう!」をテーマに、

エプロンシアターを行いました。

 

食育エプロンを用いて、

病気の予防や元気な毎日を過ごすためには

すっきりした排便が大切であることや、

朝食を食べること・十分な睡眠・運動といった

日々の生活について振り返り、

規則正しい生活習慣の大切さをお伝えしました(*^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学童のみなさま!

しっかりお話を聞いてくださり

ありがとうございました(^^)

 

おなか元気のための、“4つのお約束”は

覚えてくれたかな?

 

小腸の長さは何メートルだったかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エプロンシアターの後は、

リズム体操やヤクルトの容器で

ふえ作りを行いました(^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤクルトの容器に動物工作キットを貼り付け、

オリジナルのふえが出来上がり!

 

みなさま、

元気いっぱい参加してくださり、

とても嬉しかったです。

 

これからも寒い日が続きますが、

おなか元気のお約束を守って、

元気でいてくださいね(*^^)

 

また、児童館さまでこのような機会をいただき、

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

兵庫ヤクルトでは、

みなさまの「健腸長寿」を願い、

おなか元気教室を実施しております。

 

ぜひ、お住まいの地域でも教室を行ってみませんか?

 

みなさまと、笑顔で会える日を楽しみにしています(^^)

お気軽にお問い合わせください。

 

 

お問い合わせは・・・

兵庫ヤクルト販売 フリーダイヤル 0120-08-8960

 

 

こんにちは!

11月も下旬になり、寒さも厳しくなってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、11月23日は何の日でしょうか?

 

正解は11月23日は勤労感謝の日!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ヤクルトでは11月23日は

「いい乳酸菌の日」でもあります!

 

 

数字の語呂合わせで11月23日(1123)で

いいにゅうさんきんと読んでいます。

(少し無理やりですが…笑)

 

 

では、乳酸菌はどんな食べ物に含まれているのでしょうか?

・ヨーグルト

・チーズ

・漬物

・醤油

・味噌

・乳酸菌飲料

などです。乳酸菌は様々な発酵食品に

風味や保存性を高めるために役立てられています(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近年、乳酸菌は腸内環境を整えたりする働きがあり、

私たちの健康に役立つと注目さています。

 

ぜひ、11月23日はいつもの食事に

乳酸菌をプラスしてみてください♪

 

 

 

こんにちは!

突然ですが、クイズです!

 

 

 

ヤクルトの容器は何をイメージして作られたでしょう?

 

①けん玉

②だるま

③こけし

④ロケット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは・・・

 

③こけし

です。

 

 

 

 

 ヤクルトの容器は「こけし」をイメージして

作られました。

 

 

現在のヤクルト容器になったのは、1968年。

1935年の発売以来33年続いた、ガラス容器からの

リニューアルでした。

2010年には立体商標登録が認められています。

 

 

 

 

ヤクルト容器の独特なくびれには、

「子供からお年よりまでみんなが持ちやすい」

「中身が一気に口に入らず少しずつ味わいながら飲める」

ようにという想いも込められているんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝晩が涼しくなり、

秋の深まりを感じる季節となってきました。

 

 

 

 

 

 

スポーツの秋ということで、

涼しい気候の中で汗を流すのが

心地よい季節です。

 

 

 

 

 

 

一方で、多忙な毎日の中、久しぶりに身体を動かしたら

膝や腰を痛めてしまった、昔はもっと動けたのに…

と日頃の運動不足を感じる方に、

ぜひ意識して頂きたいのが“ロコモ”対策です。

 

 “ロコモ”とは、運動機能障害(ロコモティブンドローム)のことで、

下半身の骨や筋力の衰えから、立つ、歩くといった能力の低下が始まり、

日常生活が困難となり、将来要介護になる恐れが高くなる状態のことです。

 

 

 

 

“ロコモ”は高齢者だけが注意すべきものと思われがちですが、

骨や筋力や関節軟骨に弱くなってくる40代から対策が重要です。

 

 

 

 

 

 

「老化は足から始まる」といわれ、活動量が減り、

使われなくなった筋肉はどんどん減っていきます。

 

筋力量を維持し、歩行能力の低下を防ぐには、

軽めの運動(ウォーキングなど)を続けることが効果的です。

 

老化や病気を防ぐためにも「一日8000歩、20分の速歩き」

健康のカギとなります。

 

 

 

手軽に続けられる速歩きを行うポイントは

「大股で速く、力強く歩く」を意識することです。

 

日常生活の中で歩く距離を伸ばす、

時間を作ることを意識しながら、

無理なく続けられる運動を考えてみてくださいね。

 

 

 

こんにちは!

 

今日は、クイズを出題します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★問題☆

ヤクルトレディによるお届けがスタートしたのはいつでしょう。

 

①昭和10年(1935年)

②昭和38年(1963年)

③昭和53年(1978年)

④昭和元年(1989年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは・・・

②昭和38年(1963年)

です。

 

 

 

昭和38年(1963年)にヤクルトレディによる

お届けが始まりました。

 

それから54年、今日もヤクルトレディは、

世界各地で地域のみなさまに笑顔と健康を

お届けしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに・・・

 

お客さまからご家族の健康上のお悩み相談を受けたりするのは、

男性よりも女性のほうが向いていることから、

ヤクルト独自の販売制度(ヤクルトレディ組織)がスタートしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時は、主婦が働くこと自体が珍しかった時代。

ヤクルトレディは、

女性の社会進出の先駆けとなりました(⋆^_^⋆)