兵庫ヤクルト販売がみなさまにお役立ち情報をお届けします。

健康情報

 

こんにちは!

本日は、インフルエンザのお話です。

 

流行が始まると短期間で多くの人に感染するインフルエンザ。

日本では毎年約1千万人、約10人に1人が感染しています。

例年12月頃から流行がはじまり、1~2月頃にピークを迎えます。

流行シーズンを迎えるその前に、インフルエンザ対策をはじめましょう。


予防策① 正しい手洗い

私たちは毎日さまざまなものに触れていますが、それらに触れることにより、自分の手にも

ウイルスが付着している可能性があります。

ウイルスの体内への侵入を防ぐために帰宅時や調理の前後、食事前などこまめな手洗いが重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予防策② 予防接種を受ける

予防接種は、発症する可能性を減らし、もし発症しても重い症状になるのを防ぎます。

ですがワクチンの効果が持続する期間は一般的に5カ月ほどです。

また流行するウイルスの型も変わるため、毎年定期的に接種することが大事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予防策③ 適度な湿度を保つ

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。

乾燥しやすい室内では加湿器などを使い、適切な湿度(50%〜60%)を保つことも効果的です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予防策④ 免疫力アップ

インフルエンザは免疫力が低下していると感染しやすくなり、感染した際に重症化してしまうおそれがあります。
十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけて、免疫力を高めておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インフルエンザは流行する前に対策をしておくことが重要です。

人体最大の免疫器官といえる腸を鍛えることで免疫力を高めてインフルエンザに負けない体を作って健やかな日々を過ごしてくださいね。

 

こんにちは!

今年の夏は、全国的に平年より気温が高くなると予想されており

厳しい暑さが続きそうです。

 

連日の暑さに食欲がわかない…なんてこともあるかもしれません。

そんなときには

「腸元気スムージー」

がおすすめです。

 

 

 

腸元気スムージー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【材料】

〇ヤクルト400・400LT     1本

〇ハイパーケール(青汁) 1本

〇冷凍したバナナ     1本

〇調製豆乳        100ml~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【作り方】

 

① 冷凍したバナナを4等分に切ります

② 全ての材料を入れ、お好みのなめらかさになるまで

  ミキサーにかけたらできあがり

 

夏の朝食にぴったりな「腸元気スムージー」。

手軽に作れてとっても美味しいので、

ぜひみなさまも試してみてくださいね

 

 

 

梅雨が明けるといよいよ夏ですね。

春に引き続き、紫外線がさらに気になる季節となりました。

 

紫外線を浴びると、体内に活性酸素が発生し、シミやシワの原因となります。

日焼け止めをこまめに塗ったり、帽子、日傘などの日焼け予防の対策に

併せて、食事からも肌の健康を守りましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食事のポイント

~抗酸化作用のある栄養素を取り入れましょう~

 

  1.  ビタミンC

     (いちご、キウイフルーツ、柑橘類等)

  2.  ビタミンE

     (モロヘイヤ、かぼちゃ、アーモンド、植物油等)

  3.  カロテン類

     (人参、小松菜、ブロッコリーなどの緑黄色野菜等)

 

 

 

植物の色素やポリフェノール、カロテノイド(トマトのリコペン、

緑黄野菜に多いβ-カロテン)にも紫外線や活性酸素を除去する働きがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この他にも肌にハリや潤いを与えるコラーゲンや皮膚の粘膜を保護するビタミンB₂

も補給してあげましょう(*^^*)

 

お肌の調子が良いと気分もいいですよね♪

素敵な夏を過ごすために毎日の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

まもなくやってくる“梅雨”、この時期にいろいろな体調不良で

悩まれることはありませんか?

梅雨の時期は気温や湿度の変動が激しく、自律神経の乱れや湿気による不調で、

とっても体調を崩しやすい気候になっているのです!

梅雨の気候に負けず、元気に過ごすためには、

『食事』・『睡眠』・『運動』といった日頃の生活習慣がポイントになります。

 

〈食事〉

ビタミンB群をとりましょう~

「ビタミンB1」は、糖質をエネルギーに変える役割を果たすことから

『疲労回復ビタミン』『ストレスビタミン』とも呼ばれるほど、

疲労やストレスに対して絶大な効果を発揮します。

ビタミンB1を多く含む食材には、玄米・発芽米・全粒粉パンなど胚芽つきのもの、

豚肉、紅鮭などがあります。

また、「ビタミンB2」も、糖質や脂質、タンパク質をエネルギーに変えるときに必要な栄養素です。

ビタミンB2を多く含む食材には、魚介類、牛乳乳製品、卵、納豆、

緑黄色野菜、キノコ類にも比較的多く含まれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~体の冷やし過ぎに注意~

冷たい物のとり過ぎは胃腸に負担をかけやすく、体の冷やし過ぎは自律神経の乱れを招きます。

ねぎ、しょうがといった、薬味やスパイスは血行を促進して体を温め、

発汗作用もあるので体内の水分も排出してくれます。

体を温める食材のごぼう、にんじん、れんこんなどの根菜類も積極的にとりましょう。

 

〈睡眠〉

~睡眠をしっかりとる~

疲労の回復や身体の不調の改善に睡眠は欠かせません。

梅雨の時期の寝苦しさは、湿度の高さが関係しています。

寝室の空調や気候に合わせた寝具を使い、快適な睡眠環境を整えましょう。

室温調整のエアコンは除湿機能も活用し、就寝時間、起床時間に合わせてタイマー設定を活用し、

冷え過ぎないよう気をつけましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈運動〉

~簡単な運動で水分を出してむくみ予防~

体の中に余分な水分の溜まりやすい梅雨の時期は、適切な運動を行うことが大切です。

水分や老廃物が排出されないと、むくみや食欲不振といった不調に繋がります。

運動はストレッチや筋トレなど簡単なもので良いので、毎日の中に少しでも取り入れてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰もが体調不良を起こしやすいこの時期、家族や身近な人とお互いに気づかいながら、

共にこの梅雨を乗り切っていきましょう!

 

 

こんちには!

 

本日はあまり知られていないこだわりについてお話します。

 

紙容器に入ったビフィズス菌飲料のミルミル類は、

どうして「ヤクルト」のようなプラスチック容器ではないのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、ビフィズス菌は一般的に

デリケートな菌で酸素が苦手。

 

ヤクルト独自の「ビフィズス菌BY株」は、

酸素に強いという研究結果がでていますが、

それでも長時間酸素に触れていると、

十分に力を発揮することができません…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこでなんと!!

 

ミルミル類は、空気(酸素)を一切通さない

五十構造の紙容器を採用しています。

さらに「液面下充填法」を採用しているので、

製造過程で容器に空気(酸素)が入ることはありません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デリケートなビフィズス菌が生きたまま腸に届くよう、

最高の状態でスタンバイさせているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストローを差す前のミルミル類の容器は空気が入っていないので、

振っても音がまったくしないのです。

ミルミル類を飲む際は、耳元で振ってみて下さいね♪