兵庫ヤクルト販売がみなさまにお役立ち情報をお届けします。

 

暑さが増し、いよいよ夏本番を迎えます!

暑い日が続くと、疲れがとれない、食欲がわかない、

何となく身体の不調を感じる……いわゆる「夏バテ」を起こしやすくなります。

夏バテ予防のポイントを踏まえ、今年の夏も元気に乗り切りましょう。

 

【夏バテを防ぐポイント】

 

① こまめに水分補給をする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私達の体の6割は水分です。

汗で失われる水分が増えるこの時期は熱中症予防のためにも、

水やお茶をこまめに飲みましょう。

ただし、糖質の多い清涼飲料水の飲み過ぎは糖質の分解にビタミンB1

多量に消費するため、疲労感を招きやすくなります。

また、アルコールは利尿作用があり、水分補給にはならないので

注意しましょう。起床時や入浴後、スポーツ時は特に水分補給を心がけましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

② 体の冷やし過ぎに注意

 

冷たい物のとり過ぎは胃腸に負担をかけやすく、体の冷やし過ぎは

自律神経の乱れを招きます。空調の効いた場所で寒さを感じたら

衣類やひざかけ等で調節しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕方以降の涼しい時間帯に行うウォーキングなどの軽い運動は、

自律神経の働きを整えるうえで有効です。

 

 

 

 

 

③ 睡眠をしっかりとる

 

疲労の回復や身体の不調の改善に睡眠は欠かせません。

室内での熱中症予防のためにも、寝室の空調や気候に合わせた寝具を使い、

快適な睡眠環境を整えましょう。

室温調整のエアコンは就寝時間、起床時間に合わせてタイマー設定を活用し、

冷え過ぎないよう気をつけましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

④ 食事の栄養バランスを心がける

 

汗で失われるミネラルや疲労回復に必要なビタミンを補給するには、

っぷりの栄養が必要です。

食欲がなく、簡単に済ませがちですが、いつも以上にしっかりとした

食事内容を意識しましょう。

今が旬の夏野菜は水分が多く、ほてった身体を冷やす働きがありおススメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏バテしにくい身体作りは、日頃の生活習慣を整えることから始まります。

暑さに負けず元気に過ごせるよう、この機に見直してみてみましょう。