兵庫ヤクルト販売がみなさまにお役立ち情報をお届けします。

 

まもなくやってくる“梅雨”、この時期にいろいろな体調不良で

悩まれることはありませんか?

梅雨の時期は気温や湿度の変動が激しく、自律神経の乱れや湿気による不調で、

とっても体調を崩しやすい気候になっているのです!

梅雨の気候に負けず、元気に過ごすためには、

『食事』・『睡眠』・『運動』といった日頃の生活習慣がポイントになります。

 

〈食事〉

ビタミンB群をとりましょう~

「ビタミンB1」は、糖質をエネルギーに変える役割を果たすことから

『疲労回復ビタミン』『ストレスビタミン』とも呼ばれるほど、

疲労やストレスに対して絶大な効果を発揮します。

ビタミンB1を多く含む食材には、玄米・発芽米・全粒粉パンなど胚芽つきのもの、

豚肉、紅鮭などがあります。

また、「ビタミンB2」も、糖質や脂質、タンパク質をエネルギーに変えるときに必要な栄養素です。

ビタミンB2を多く含む食材には、魚介類、牛乳乳製品、卵、納豆、

緑黄色野菜、キノコ類にも比較的多く含まれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~体の冷やし過ぎに注意~

冷たい物のとり過ぎは胃腸に負担をかけやすく、体の冷やし過ぎは自律神経の乱れを招きます。

ねぎ、しょうがといった、薬味やスパイスは血行を促進して体を温め、

発汗作用もあるので体内の水分も排出してくれます。

体を温める食材のごぼう、にんじん、れんこんなどの根菜類も積極的にとりましょう。

 

〈睡眠〉

~睡眠をしっかりとる~

疲労の回復や身体の不調の改善に睡眠は欠かせません。

梅雨の時期の寝苦しさは、湿度の高さが関係しています。

寝室の空調や気候に合わせた寝具を使い、快適な睡眠環境を整えましょう。

室温調整のエアコンは除湿機能も活用し、就寝時間、起床時間に合わせてタイマー設定を活用し、

冷え過ぎないよう気をつけましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈運動〉

~簡単な運動で水分を出してむくみ予防~

体の中に余分な水分の溜まりやすい梅雨の時期は、適切な運動を行うことが大切です。

水分や老廃物が排出されないと、むくみや食欲不振といった不調に繋がります。

運動はストレッチや筋トレなど簡単なもので良いので、毎日の中に少しでも取り入れてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰もが体調不良を起こしやすいこの時期、家族や身近な人とお互いに気づかいながら、

共にこの梅雨を乗り切っていきましょう!